流レ星的日記のタイトル!

これぞ!近未来!!世界が驚く未来都市

毎日暑くて嫌になる。春の花粉にはじまって夏は猛暑にゲリラ豪雨。嫌やわぁ。




東京23区、全面ドーム化へ エアコン完備「全天候型都市」目指す

『東京23区内を超巨大ドームで覆い、内部温度をエアコンで調整する計画があることが、関係者などへの取材で18日までにわかった。早ければ8月にも着工し、20年7月までの完成を目指す。完成すれば、天候に左右されない「全天候型都市」として快適な市民生活が期待できそうだ。

 都の都市計画関係者が明らかにした。ドームの直径は約20キロで、23区の大半を覆うものになる見込み。ドーム内部には巨大エアコン50万台を設置。ドーム外に排熱することで、内部の温度・湿度を適切に管理する。

 急な着工に踏み切る理由は、異常とも言える近年の酷暑だ。都内では連日30度を超える暑さが続き、毎日多くの人が熱中症で病院に搬送されている。中でも都にとって深刻なのは、20年7月24日から8月9日まで開催される東京五輪・パラリンピックだ。メイン会場となる新国立競技場付近の気温は40度近くに達しており、暑さ対策が喫緊の課題となっていた。

 新国立競技場については、15年、安倍首相が観客席の冷暖房設備をカットするよう指示。建設費を抑えるための新しい判断だったが、今年のような酷暑になった場合、来場者に健康被害を及ぼす可能性が高い。また、組織委員会は招致活動の際、「この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である」(立候補ファイルより抜粋)と世界に向けて説明。「アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候」という国際公約を守るためには、ドームで覆った23区全体をエアコン除湿で24度程度に保つことで、「理想的な気候」を人工的に作るしかないと判断したようだ。

 また五輪後も「全天候型都市」として、ゲリラ豪雨や極めて薄い積雪など、深刻な天候の変化に左右されない快適な生活を都民に提供できるとしている。

 建設費は数百兆円規模に達するとの試算もあるうえ、あまりにも短期間、かつ世界でも例を見ない巨大プロジェクトに「連日の暑さで頭がおかしくなったのではないか」と皮肉る声も聞かれたが、計画の策定に当たった関係者は「立案したのは今年の冬。暑さのせいではない」と反論している。』 参照 虚構新聞




これは嘘でも面白い!やってほしい。技術大国ニッポンを世界に再アピール。

人間の脳で思いつくことぐらいのことは本当は実現可能らしいから。

それか人口太陽を作って地下に巨大都市を造る。

やってほしいわぁ。
2018.7.19[Thu]

終わってさみしい

決勝 フランスvsクロアチア

普通にフランスが強かった。この試合では運も良かった。余裕があった。とにかくクロアチアは疲れていたのはしょうがないけど残念。

フランスは若いし黄金時代の到来の予感。


ロシアの女性パンクバンド?の侵入は、ホントに白けた。ダサすぎる。百歩譲って、やるんだったらロシア戦か、表彰式ぐらいにしないと。プーチンが、ピッチに降りてる時を狙わないと。
あの場面は、クロアチアの良い流れを断ち切った。試合を中断させて、サッカーファンを敵にした。


2010年のスペイン代表23人の平均年齢:25.91
2014年のドイツ代表23人の平均年齢:25.73
今大会のフランス代表23人の平均年齢:25.565
(どれもワールドカップ開幕時の年齢)
ここ3大会は平均年齢が25歳代のチームが優勝している。

日本も若いいい選手がたくさんいるので、4年後も楽しみ。次の大会で30歳になる柴崎の成長完成形がモドリッチ。柴崎がスペインで修業して、無尽蔵なスタミナと突破力を身に着けての4年後が楽しみ。

長谷部の言ってたことはスルーして、また4年後サッカーファンになるでしょう。放映権がめっちゃ高騰、赤字なのに全試合放送してくれたテレビ局ありがとう。
2018.7.16[Mon]

アザールとデ・ブライネは本当に上手い

ベルギーvsイングランド

イングランド、やはり延長闘ってからの中二日はしんどい。前半どうしたん?ってくらい覇気を感じなかった。

ベルギーの美しいカウンターとイングランドの迫力のセットプレー。

カウンターのたびにワクワクした。

GKの上を抜くシュートを無人のゴール寸前でベルギーDFアルデルウェイレルトのクリア!痺れた!!

最後はデブルイネの芸術的パス からの〜 アザールの華麗なシュートという、納得の終わり方。

MFムニエがいなくて、今回共々ルカクが不調で、フランスに負けたけど、ユーロ2020 圧倒的優勝候補。

何より見てて早いし上手いしサッカーが面白い。
2018.7.15[Sun]

福岡県(500万人)よりも人口の少ないクロアチア(450万人)

準決勝 クロアチアvsイングランド

やったー!!万歳万歳!クロアチアが勝った!!!

クロアチアの選手の感動もんの運動量。

大活躍のモドリッチは、後半なんか肩で息して膝から倒れてうずくまって、それでも立ち上がって、ボールを取られても全力で追っていた。リードしても時間を使うでもなく、守備を固める訳でもなく走りに走る攻撃サッカー。見てて最高!

中盤にレアルのゲームメーカー、モドリッチとバルサのパスサッカーを牽引しているチームの心臓、ラキイッチがいるのがやはり効いている。

クロアチアは帰化選手とかいないのかな?純粋にクロアチアにルーツを持つ選手だけで優勝なんてことになったら、それはそれですごい。フランスとかベルギーなんて見た目からも多国籍軍って感じ。

しかし、今回も延長でクロアチアのほうがフランスより過去3試合で1試合分(延長30分間×3)多く戦った状態で決勝になってしまった。

中4日で臨むフランスに対し、クロアチアは、再び中3日での対戦となる。クロアチア各選手のコンディションがやっぱり不安。

疲労度、選手層、あらゆる面でフランスが有利。でも応援するファンは逃げるフランスより戦うクロアチアの方が多いんじゃないかと。

日本人はもちろん、世界で結構な割合がクロアチア応援してると思う!

頑張れ!クロアチア!!!!!!




決勝に進出したフランスとクロアチアの両方と引き分けたデンマークって・・・・・実はかなり強かったと思う。見てて試合も面白かった!ベスト16で消えたのは勿体なかった。
2018.7.12[Thu]

面白くないサッカーするときのフランスは強い。

準決勝  フランスvsベルギー


ベルギーが先制したら面白いと思ったけど、1点取って守備を固められるとかなりツライ。

ルカクがまったく活躍できんかった!アザールしか、ほとんど仕掛ける事ができなかった。審判が、だいぶフランスよりだったとも思う 。あの位置でFKもらえていればと思う場面もあって残念。抗議してもビデオすら見なかった。


総合力が高いフランスが ゴール前をあれだけ固められたらやっぱり厳しい。

がっかりなのが、ネイマるムバッペ。
せっかく面白い選手が出てきたと思ったのに、変な影響受けていて残念。いい先輩を手本にしてカッコイイスターになってほしい。



今日のイングランド対クロアチア、どうなるかなぁ。クロアチアに決勝へ行って欲しいけど。

激闘続きのクロアチアは体力的なことが心配。

決勝がフランスvsイングランドだったら見ててつまんない上にPK戦まで行きそうな予感がする。

ああああ、眠たーーい!!
2018.7.11[Wed]

ベスト4



これ、これ〜♪
2018.7.9[Mon]

審判をいかに騙すかが重要なプレーのひとつなら、サッカーというスポーツは終わってる



準々決勝、ベスト4を懸けた対戦は、6日にウルグアイ―フランス、ブラジル―ベルギー、7日にスウェーデン―イングランド、ロシア―クロアチア。

ねむたーーい。


ウルグアイ―  フランス が勝つ

ブラジル―   ベルギー が勝ったほうが日本代表の価値UP

スウェーデン―  イングランド が勝つ

ロシア―    クロアチア  が勝つ


「初歩的なことだよワトソン君」
2018.7.5[Thu]

イケる!と思ってしまった

日本xベルギー戦

誰も2-0になるなんて、想像していなかったんでしょう。

強豪相手に2点リードしたらどう戦うか?日本の経験値の無さが出た気がする。

想定外の展開になり、チームもどこか浮ついていた。

感動も感情もベンチの事情を省いたら、2点もリードしていて、20分強で3点取られたのは監督の責任だろう。

けど、ここまでこれたのは監督の功績。

しかし、采配の差は明らかにでてしまった。ベルギーのスタメンの調子の悪さを見るや流れでなく、セットプレー重視で得点を取ろうとして見事ハマったベルギーと、後半2点リードしてから、右往左往してハッキリした采配が出来なくなった日本。

攻めるのか、守るのかハッキリしなくて負けた典型。

でもホントに見ててワクワクする試合だった。

柴崎は最後までいて欲しかった。かなりヘトヘトに疲れてたけど。

ベンチワークの結果ベルギーは活性化し、日本は沈滞化した

交代が完全に明暗を分けていた。

そして、ゴールキーパー。

番狂わせを演じたチームはどのチームもキーパーが凄かった。

国際大会での経験を積んだ若いキーパーを育てることの大切さ!今回のワールドカップで改めて痛感した。

後半の2点差から逆転されてるのに、よくやったとか言う声が多い。

その辺も世界と差がある。ホントよくやったけど(笑)

監督が言った「自分が悪い」で終わりにしてしまっては日本サッカーが進歩しない。

どこが悪かったのか、技術委員会でしっかり分析して次に生かさないと。

後半残り時間の最後の最後ロスタイム、『ケイスケホンダの悪いトコ』がでてハラハラしてるのにちょっと笑ってしまった。ホントにブレない男。今まで結果が出ていること、直前のFKでいいのが蹴れたこともあって気持ちが高ぶって絶対ゆっくり時間をかけてCKする場面なのに、近くにいた香川無視して自分が決めてやろうとして相手キーパーに直接パスをド―――ン。それで、決勝点カウンターの「お膳立て」。これが引退のプレー。最後の最後まで”持ってる”ていうか。”らしい”というか。

☆決勝ゴールの速攻は5人、7タッチ、9.35秒と紹介「完璧なカウンターを披露」

さすがに90分走り切った選手が敵陣ゴール前から自陣ゴール前まで10秒では戻れない。

素晴らしい試合の最後に見たことないスーパーカウンターのゴール!!!

両チームに本当にお疲れ様でしたと賛辞を送りたい。 4年後また、夢を見させてほしい。(えらそー)
2018.7.4[Wed]

赤い悪魔退治

やってきました、日本の決勝トーナメント。

テレビでは、色んな人が西野監督を称賛している。ギャンブルに勝ったと。結果的に予選突破できた。だがまだギャンブルに完全に勝った訳ではない。次の試合の強豪ベルギーに勝って、初めてギャンブルに勝ったと言える。次の試合に勝つ為に6人もスタメンを変えるリスクを犯しボールまわしの状況をつくったのだから。

ベルギーは国際試合2年間負けなし。ベルギー選手たちの市場価値が日本の58億1760万円を大きく上回る743億6000万円。ベルギーはU-17を出しても勝てると言っている人もいる。

ただ、サッカーは必ずしも強いチームが勝つとは限らない。

日本は守るよりベルギーより点を狙う方が勝ち筋はあると思う。組織力は上だと信じたい。1-0で勝てるよう試合展開は考えられない。コロンビア戦の時みたいに前半の早いところで先制点とって、リズム崩すやり方しか思いつかない。前線から積極的プレス掛けて、ショートカウンターから縦に早く手数かけずにゴールを狙う。3-2、4-3で勝つくらいの気持ちでいくしかない。


ルカクをどう止めるのか?身長190cm 25歳、ノりにノっている。色々考えたけど、麻酔銃を使うくらいしかいい案が浮かばない。役立たずなのに目立ちたがり屋の槙野がレイバンのサングラスをしてベンチから狙い撃つ。

いらんことをいうな!!

全然期待が持てなかった日本代表が、直前のパラグアイ代表との親善試合、控え組に甘んじていた選手の大爆発で一気に楽しみなチームに変わった。

乾や柴崎らスペインで活躍し実力は申し分ないのに長年代表でくすぶってた選手が、一気に実力を発揮させた。その仕掛人はやはり代表でくすぶっていた香川で世界レベルのクオリティの高さ。今まで香川の質の高さを活かせる選手も日本代表メンバーの組み合わせにはいなかった。

宇佐美 山口 槙野、海外で活躍できなかった選手は、ポーランド戦で残念ながら世界レベルでないことを証明した。

ヨーロッパの厳しいリーグで活躍しているメンバーは、ベルギーに物怖じすることなく、ガチンコで打ち合ってほしい。乾、柴崎、香川のトリオは絶対いける。 大迫のポストもかなりきく!2,3点取ってほしい。

いやー、ほんと楽しみだ。始まる前は、3連敗の心配が強かったから、ベスト8進出なんてなったら、叫びたいぐらい嬉しいと思う。朝焼けを背負ってスマホをマイクに『紅』を熱唱したい。

スポーツの最大の楽しみは、弱者が強者を倒すこと。

映画好きのウッチャンが山ほど映画見ているのに、一番好きな映画は『ロッキー』って言ってた。

そんな試合を期待します。
2018.7.3[Tue]

不覚

クロアチアの激闘、見逃したー

モドリッチの決定的なPK外した後に、PK戦でど真ん中に蹴り込む鋼のメンタル、生で見たかったー
2018.7.2[Mon]

バックナンバーの参照

Powered by HL-imgdiary Ver.3.00 Beta
DESIGN BY Griffith Delacroix